飯田栄 代表幹事 飯田 栄  プロスタイル株式会社 代表取締役社長

 

 今年度、日本ビルメン経営品質協議会、代表幹事を仰せつかりました、プロスタイル株式会社の飯田栄と申します。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
《「日本ビルメン経営品質協議会」は、「卓越した経営」を目指して、日本経営品質賞委員会による「顧客本位」「独自能力」「社員重視」「社会との調和」の4つの基本理念に基づく「経営品質向上プログラム」を導入してセルフアセスメントを実践し、評価し、改善しつつ、ビルメンテナンス業におけるアセスメント項目を討議し、次の事項を確実にし、会員企業の経営プロセスの向上を支援することを目的とします。》
とあります。
弊社は設立13年、従業員40名の小さな、小さなビルメンテナンス会社です。
そんな弊社がこのJBQ日本ビルメン経営品質協議会と出逢ったのは、今から8年前の2010年です。
当時、会社を起こして間もない弊社がJBQの先輩方の会社のベンチマークに伺い、ものすごく刺激を受け、いつか自分の会社もこのような素晴らしいビルメンテナンス会社に成長したい!と思ったのを鮮明に覚えております。 私はこのJBQの創始者の一人、四国管財株式会社の中澤社長にお誘いいただき、JBQに入会させて頂きました。
ここでの学びは本当に素晴らしい学びばかりで、どこのメンバー企業も「人を大切にする経営」を実践されている企業ばかりでした。
言わずもがな、ビルメン業界は、昼も夜も仕事があり、大変な業界です。弊社も創業当時からつい最近まで、下請けをメインに事業を行ってまいりました。
しかし、下請け専門では限界が来ました。
私が向かいたい先が、下請け専門で事業を行うことではなかった。 新たな価値を創造し、社員を大切にする会社、お客様に心の底から喜んで頂ける会社を創りたいと思っていました。しかし、下請け専門でやっていると、やはりその思いからは遠くはなれていかざるを得なくなってしまいました。
私は意を決し、脱下請けを掲げ、今、必死にもがいている最中です。
しかし、日本ビルメン経営品質協議会には、そんな窮地を経験してきた諸先輩方が多くいらっしゃいます。 諸先輩方からの学びを自社の経営に活かし、経営理念である「みんなが幸せになる、いい会社にする」を目指して日々奮闘中です。
私たち日本ビルメン経営品質協議会では、4つの理念に共感しているメンバーが集まり、共に切磋琢磨し学び合い、新たな価値を創造するために毎月共に学んでおります。
ここで創造される価値はとてつもなく斬新で素晴らしいものです。
過去の延長線上に成功はありません。新たな価値創造をし、社員さんが幸せに働き、社会から必要とされる会社になれるようにこれからも努力していきます。
一年間という短い時間ではございますがどうぞよろしくお願い申し上げます。

日本ビルメン経営品質協議会


東京都
ミッドタウン・タワー
248m  54F  2007